交通事故の基礎知識の一覧

交通事故問題を弁護士に相談するタイミングはいつがいいか?

交通事故の被害にあわれた皆様は、今後の示談交渉などについて弁護士に相談するべきなのか、相談するとすればいつごろのタイミングがベストなのか悩まれている方もいらっしゃるでしょう。交通事故被害にあうというような事態は通常一生に何度もあることではあ…

交通事故の損害賠償額が変わる「3つの算定基準」

人損事故で生じる慰謝料は、誰が算定を行ったかで数十万円から数百万円、時には数千万円もの著しい乖離があります。 本来、被害者が得るべきなのは「裁判所基準」に基づいて計算された慰謝料です。 しかし交通事故の現状として、より低額な「自賠責基準」あ…

交通事故トラブルで利用できる「弁護士費用特約」とは

交通事故のサポートを専門家に任せる際の費用は、加入中の保険に付帯された「弁護士費用特約」でカバー可能です。適用時の自由度も高く、加入者の任意で依頼先を選べて、搭乗者や同居家族、別居でも未婚の子供の被害も保証対象となります。 損害賠償金を10…

保険会社から「治療費打ち切り」が通達されたときの対応方法

受傷部位にまだ痛みや違和感が残っているにもかかわらず、保険会社から「そろそろ症状固定の時期だ」等の理由を告げられて治療費支払いを打ち切られてしまうことがあります。 万一このような事態に遭遇しても、焦って通院を中断すべきではありません。保険会…

交通事故の解決満足度に直結する「弁護士の選び方」

交通事故トラブルは専門性が要求される分野です。 解決満足度に直結する損害賠償金の算定では、弁護士のスキルしだいで数十万円から数百万円時には数千万円もの差が生じます。 事故に突然見舞われてお悩みのかたへ、100%に近い額で損害賠償金を獲得でき…

保険会社の対応に納得できないに弁護士に相談するメリット

交通事故発生後の示談では、加害者本人ではなく保険会社と示談交渉を行うケースがほとんどです。被害者と保険担当者とのあいだには、事故当事者とそうでない立場との温度差が当然存在します。 保険会社のそもそもの目的は、示談を早期にまとめつつ保険料の持…

交通事故トラブルを当事務所にご依頼いただくメリット

交通事故のほとんどのケースで、本来認められる金額よりも少ない示談金が加害者(保険会社)から提示されています。弁護士が被害状況を検証しないまま独力で示談交渉を進めると、実に数百万円以上もの損失が補償されないままになってしまう可能性があります。…

相談料・着手金0円 完全成功報酬性/賠償金んが増額できなければ報酬は一切いただきません。※弁護士費用特約を利用可能な方につきましては、相談料・着手金をいただいております。

0120‐479-483
24時間受付 メール相談予約フォームはこちら