交通事故トラブルで利用できる「弁護士費用特約」とは

交通事故のサポートを専門家に任せる際の費用は、加入中の保険に付帯された「弁護士費用特約」でカバー可能です。適用時の自由度も高く、加入者の任意で依頼先を選べて、搭乗者や同居家族、別居でも未婚の子供の被害も保証対象となります。

損害賠償金を100%に近い状態で確保する上で、本特約を利用しない手はありません。
詳しいサービス内容は下記の通りです。

弁護士費用特約とは


弁護士費用特約とは、保険加入者が交通事故または日常での偶発的な事故に遭った際、解決のための弁護士報酬を保険会社が保障するサービスです。

本サービスは元来、弁護士法72条に抵触するため示談交渉サービスが利用できないケース(もらい事故・無保険事故など)での利用を想定されています。しかし実際には、利用にあたって事故状況の制約は設けられていません。交通事故が発生した場合には、こちらの過失の有無や程度に限らず利用いただけます。

特徴1:弁護士は加入者の任意で選べる


特約を利用する際は、事前連絡の上で依頼したい弁護士を自由に選べます。
「保険会社指定の法律事務所で依頼しなければならない」といった制約はありません。専門性が高く相性のよい弁護士を、報酬を自己負担する場合と同様にじっくり探せます。

特徴2:加入者だけでなく親族にも使える


弁護士費用特約のカバー範囲は、加入者の同居家族、未婚の子供さらには搭乗者にも及びます。
補償上限額(後述)は原則1名ごとに枠が用意されており、搭乗者ともども人的被害が発生した事故でも安心できます。

【参考】弁護士費用特約の補償範囲に含まれる人物

  • ① 記名被保険者
  • ② の配偶者
  • ③ ①または②の同居親族
  • ④ ①または②の別居の未婚の子
  • ⑤ 契約車両の搭乗者
  • ⑥ ①~④の人物が契約外の車両を運転中に事故が発生したケースにおいて、その車両の所有者および同乗者
  • ⑦ 契約車両の所有者

※⑥・⑦は、事故車両の所有・使用・管理のいずれかに起因する事故に限定。
※保険会社の規約により補償範囲が異なる場合があります。

特徴3:特約を使っても等級は下がらない


弁護士費用特約を適用しても、事故において違反行為がない限り保険料の割引率(ノンフリート等級)には影響しません。現状の最高割引率を維持したまま、保険料支払いのメリットを享受できます。

弁護士費用特約の補償限度額


弁護士費用特約の補償上限額は①法律相談・②依頼費用の各項目で設定されています。
保険の契約内容により異なるものの、一般的な上限額は被害者1名あたり法律相談の場合には10万円まで、弁護士に請求を依頼する場合には300万円までとされている場合が多いです。

【弁護士費用特約の限度額】

  • 法律相談
    →被害者1名あたり10万円まで補償
  • 依頼費用(着手金・報酬金・訴訟費用など)
    →被害者1名あたり300万円まで補償

示談交渉サービスにはない「弁護士依頼のメリット」


事故について加入者の過失割合が指摘されているケースでは、弁護士費用特約とは別途付帯されている「示談交渉サービス」で保険会社にトラブル解決を任せられます。
とはいえ、立場の違いによる下記の対応差が存在するため、本来得られる損害賠償金の100%獲得を目指す上では弁護士依頼が最適解です。

妥協を許さない交渉ができる


示談交渉サービスを利用すると、相手方も同じように手配して保険会社同士の話し合いとなるのが一般的です。両者とも事故当事者ではないため、被害者保護の熱意は低く、業界の慣習に従った妥協が行われかねません。

一方で交通事故専門の弁護士は、被害者の利益を最優先にした活動を使命としています。
過失割合の大きく“加害者”となってしまった事故でも、存在する権利を粘り強く主張して賠償金獲得を実現できます。中でも、「100%賠償」を信条とする弁護士は、不合理な妥協をしませんから、最大限の賠償金獲得に力を発揮します。

過失割合について検証できる


心当たりがまったくないにも関わらず被害者の過失割合が指摘されている場合、丁寧な事故検証で無過失を認めさせられます。
事故検証には、現場の確認・加害者が警察に対して行った証言内容の再確認、実際の事故現場での現場検証など、フットワークを必要とする業務が含まれます。やはり、事故の非当事者で熱意の低い保険会社には、徹底した事故検証は難しいと言わざるを得ません。

あくまでも被害者目線で行動できる弁護士なら、必要最大限の検証による過失割合の修正が可能です。たとえ加害者の立場であったとしても、事故状況を超える責任から免れられます。

まずは無料相談をご利用ください


弁護士法人アクロピースでは無料相談(初回のみ/弁護士費用特約をご利用の方は保険会社の規定による)を実施し、当事務所にご依頼いただいた場合に得られる経済的利益の見込み額をお伝えしています。よりご安心いただけるよう、弁護士費用特約の補償を得る手順も併せて案内しております。

当事務所の自信は、法律・医学・保険制度の各知見に裏打ちされた「粘り強く妥協を許さないサポート」です。交通事故の悩みや見通しに関する不安など、どのような内容でもご質問ください。

相談料・着手金0円 完全成功報酬性/賠償金んが増額できなければ報酬は一切いただきません。※弁護士費用特約を利用可能な方につきましては、相談料・着手金をいただいております。

0120‐479-483
24時間受付 メール相談予約フォームはこちら
トップへ